コールド・リーディングとは

占い師の方の中にはコールド・リーディングなるスキルを身に付けて居る場合が多いと聞きますが、このコールド・リーディングとは相手の身なりや仕草や会話から相手の事をよく知っているって思わせる観察術+話術なのだそうで、随分と良く当たる占い師だと思ったら、実際には未来を見通す力も何もなくて、コールド・リーディングに長けているだけの人が、適当に誰にでも当てはまるような占い結果を話しているだけ何て事も有るのでは無いでしょうかね?

ですから(占いが本当に存在すると仮定しての話になりますが)、まともな占い師かコールド・リーディングに長けただけの口の上手い叔父さん、叔母さんかを見極めるには外見から職業や生い立ちを判断されないように、柔道着でも着ていきまして、占い師と極力会話しないで相手に結果を求める事で、ある程度の判断は付くのではないでしょうかね?

※探偵を使うとか予め相手の事をコッソリ調べておいてさも、霊能力によって相手の事を言い当てる方法はホット・リーディングと言うのだそうで、インチキな霊能者がよく使うそうですね。

ただ個人的な意見としては占い師がコールド・リーディングの技術を使って依頼者をハッピーな気分にするのは全然構わないと思いますし、それもサービス業としての占い師の技術の一つではないか思いますが、鰯の頭も信心からの領域を離れまして法外な鑑定料を請求したり、訳の分からないパワーストーンや幸運の壺の類を売りつけるような所までやってしまう占い師は良くないと思いますね。

何と言いますか占い師を定義するに当たりまして、本当に未来を見通したり依頼者の将来の状態を見通せるって前提で考えますと、コールド・リーディングの技術を使うのは邪道だと思いますし、逆に単にサービス業、つまり幇間のような感じで考えるので有れば、コールド・リーディングの技術を使うのも全然構わないと思いますけどね。

追伸
私は何時も不思議に思うのですが、占い師さんは別に人の将来なんて占わなくても、将来の経済状態を見通すとか、勝手に上場企業の社長の将来でも占いまして、株に投資するとかとにかく将来を見通せるのであれば、結構楽しい事が沢山有ると思うのですよね。

もしかしたらですが、本当に将来を占う事が出来る真の占い師さんは、こっそり自分の為だけに占いを行って、決して人前には出てこないのでしょうかね?

まあそんな事は無いと思いますけどね。

でわ

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示