開運と風水とペーパーウエス

先ほどラジオから流れてきた情報なのですが、風水の本場であります中国では気の流れを良くする為に掃除はとても重要で、特に金運に関する運気上昇にはトイレとバスルームの掃除がとても大切で、その他にも玄関とかまあ基本的に家中をいつも整理整頓、綺麗に掃除が行き届いた状態にしておけば間違いないって事なのですが、その掃除の中で拭き掃除についてちょっと気になったので書いておこうと思います。

さてその聞いた情報が早朝のラジオ(TBS生島弘のおはよう定食/一直線)でしたので少々寝起きで惚けていたので間違いがあるかも知れませんが、何でも風水的には?拭き掃除の際に使用する布(日本で言えば雑巾)は使い古した衣服などから流用するボロ布を使って、拭き掃除が終わりましたら洗って干して次回に使うわけでなく、そのままその回の掃除に使ったボロ布は捨てるのが正式なのだそうです。

ただそう言われましても、激しい運動でもしない限り最近の洋服も下着も相当長く着る事が出来るのでありまして、運気上昇を目指してマメに掃除を行おうと致しますと、片っ端から衣類をボロ布として消費していく必要が有りまして、それはちょっと時代の流れに反してしまいますので難しいですよね。

で、そんな掃除で運気上昇を目指したい人にお勧めなのがペーパーウエス、つまり紙で出来たボロ布代わりなのでありまして、ネットで注文したところ50枚入りで300円程度、送料無料でしたので1枚6円程度の価格で、水にも油にも強い紙で出来たボロ布まあこれでしたら一回使って捨ててしまっても、洗剤とお湯や水それから労力を使って洗濯して干す時に使うエネルギーとほぼ変わらないような気が致しますので、風水的に掃除で運気上昇を狙う方には、使い捨てのペーパーウエスで拭き掃除をするって方法はお勧めだと思いますね。

昔ながらの雑巾を絞って掃除するって方法も良いとは思いますが、結構乾くのに時間がかかるし、汚い感じもしますからね。

追伸
風水についてもう少し書きますが、私がなる程って思ったのは、風水はたんなる思いつきのような物でも何でもなくて、環境学なのだそうでして、つまりその気の流れってやつは空気の流れだと読み替えれば良いと思うのですが、例えば湿った場所で空気の流れが悪ければ細菌も繁殖しますし、ジメジメしている場所が家の中に有ると、住んでいる人だって憂鬱な気分になって運が逃げていくと思いますので、そーゆーのを風水学が風水的な考えで解決すると思えば何だか納得したような気分になってくるのですね。

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示