開運と印鑑の関係

印鑑には手相のように印相ってのが有るそうで、それによって福が来たり福が逃げていったりするらしいのですが、福の神が何か書類を持ってきて印鑑を貰うのかどうか、よく分からないところがありますが、その筋のはんこ屋さんに言わせると、印鑑の素材だとか字体でもって開運したりしなかったりするそうなのですが、例えば開運するって力説された象牙の印鑑を購入した後に、販売したはんこ屋さんが倒産したら、一体御利益は有るのでしょうかね?

ただ、開運グッズとか占いとかの類に否定的な私ですが、法人の代表印ですとか私の個人印などはそれなりの素材を使ってあまり見窄らしくないようにしているのですが、これは印相がどうのこうの、ってよりも法人関係の契約をしたり印鑑を使用する際に、余りに安っぽい三文判を使用すると、相手に与える印象の部分がありますので、印鑑はちゃんとした印鑑を使うべきではないかなって思いますね。

ですから開運と印鑑の関係を考えますと、印鑑そのものが福の神に印影を見せて、幸福の立ち寄り場所リストに登録するような事は無いと思いますが、法人印とか会社の代表者の個人印に関しては、しっかりした印鑑を使用しませんと福の神は逃げなくても、取引先に軽く見られたりしちゃいますので、まあ開運と印鑑の関係は多少はあるって事になるのでしょうかね?

追伸
印鑑が公的に個人の意思表示の証明となるのは日本位だと思いますが、そもそも印鑑なんて印影があれば同じ物は簡単に複製できてしまいますし、捺印したばかりの状態であればパラフィン紙を載せてこすってしまえば、実に簡単にコピーが出来てしまうので有りまして、未だに借用書を含めて印鑑が堂々と通用するのは不思議な気が致しますね?

それに印鑑を24時間肌身離さず持っている人もいませんから、相変わらず知らない間に身内に勝手に実印を押されてしまったとか、捺印した覚えがない借用書が出てきたとかの事例は沢山有る訳ですが、裁判所は印鑑なんて簡単に複製できてしまったり偽装できるって事は分かっているのでしょうか?

私の意見としては、少なくとも公的な書類や借用書の関係は印鑑よりも拇印を使うべきで有りまして、拇印とサインを組み合わせれば他人がなりすます事は、ほぼ不可能になるのですが、何故未だに印鑑が堂々と意思表示の手段として使われて居るのか伏木でならないですね。

まあ当分、日本では印鑑の需要は無くならないようですが

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示