ケセランパサランとは?

確か私が小学校低学年の頃の話だったと思いますが謎の生命体ケセランパサランなる生物を飼っていると幸福を招き入れるとかなんとかの大ブームが起こりまして、まぁ大人も子供も暇が有ると空を眺めて白っぽい浮遊物が有ると、もしかしたらあれはケセランパサランかもしれないって必死になって捕まえようとしたものです。

実際にケセランパサランの捕獲に成功して学校に持ってきた子がいたような記憶も有りますが、そもそもテレビのワイドショーか何かで放映されただけの代物で図鑑にも載っていなければ標本も無いので、見せられてこれがケセランパサランだと断言されたら、それが本物かどうかは誰にも分からないのですよね?

確かケセランパサランはおしろいの入った桐の箱に入れておくと、分裂するんだか分かりませんがいつの間にか増殖するって話でしたけど、もし仮に本当に実在していたのでしたら誰かが養殖して増えたケサランパサランを通信販売で販売して大儲けしたのでしょうけど、そんな話は聞いたことも有りませんし確か1年も経過しないうちにブームは終わってしまいました。

さてこの手のブームは昔は色々出てきたのですが、これを持っていると幸福になるとか運が向いてくるってのは誰が実証して世間に堂々と言い出すのか不思議な気が致しませんか?

これは四葉のクローバーだって幸福駅行の切符だって黄色いハンカチだってケセランパサランあとヒランヤとかピラミッドパワーなんてものも有りましたけど、不思議なパワーを持っているとか金運が上昇するとかなんだかんだ最もらしくも無い理由で世の中に颯爽と登場してくるのでありますが、今だったら広告表現で公正取引委員会から勧告が出るような凄い表現では無かったでしょうか?

ただですね、目に見えない力とか未知のパワーなんかをあの時代より前の世代は純粋に信じることが出来た幸せな時代に生きていた人だなって思いませんか?

極端な事を言ってしまいますとマネーゲームだとか何とかに奔走して右往左往している現代の日本人なんかよりも、例えばケセランパサランを信じて、質素に一生懸命働きながらいつかきっと幸福がやってくるって信じることが出来た方が何だか心の平静を持っていることが出来たような気がします。

そりゃまぁ効果がはっきりしないケサランパサランだのヒランヤだのをあたかも実証されたかのように情報を流布するのもどうかといった異論はあると思いますが、信じることが出来た時代ってのもそれはそれで良かったかなとも思うのです。

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示