人事を尽くして天命を待つと開運について

似たような?諺に果報は寝て待てなんて言葉が有りますが人事を尽くして天命を待つって言葉の意味はできるだけの事を徹底して行いまして、後は運を天に任せて結果を待つって事だと思いますけど、実際に人事を尽くすまでやりきったと思っても結果が良くないと後になって、あれをやっておけば良かったとかそれが失敗だったとか色々と思ってしまうことが多いのではないでしょうか?

まぁはっきり言って金運上昇のために財布を買ってみたり風水の考え方を取り入れてみて色々試したけど、結局は運気も金運も上昇する事も無く、出費した分だけ貧乏になってしまったら、その分を貯金しておけば良かっただなんて後悔する事になるのでしょうけど、はっきり言っていちいち過去を振り返って問題点を整理して今後に生かすのでしたら有意義だと思いますが、単に後悔するだけならしないほうがましだと思いますよ。

何と言いますか時には過去を振り返って反省したり問題点を洗い出したりする事も人生には必要だと思いますけど、仮に幸運とか不運とかいった目に見えない力が存在するとしたら、いつも前向きで過去を余り振り返らなくて、少々の失敗ですとか間違いは気にしないと言いますかそもそも失敗だと思わないで、経験の一つだとプラス思考で捉える人のほうが、運が上層していると思いますし金運も強いものを持っている場合が多いと思います。

思うにどうも幸運の女神様は明るく前向きな人が好みのタイプのようですし、やっぱり運気とか開運の類のような目に見えない力もやっぱりプラス思考の考え方を持っている人が大好きで、逆にマイナス思考の暗い人はどうも嫌っているようなので有りまして、その辺りの原理原則を分かりましたら運気も上昇してくるように思います。

ただまぁ人間生きていますと嫌なことも多いですし、金銭問題ですとか人間関係の事ですとか分かっていてもプラス思考で考えられない場面にも多数遭遇致しますし、自分の不運を悔やむ場面だって長い人生の中には一度くらい出てきてしまいますよね。

そんな時に必要なのはやっぱり希望って文字じゃないでしょうか?

どんなに不遇な状態に有っても、希望を捨てない事がやがて心をプラスに転化させてくれる力になりますし、原動力になってくるのですよね。

今現在とってもついていなくて、何とかして開運を望んでいる人が日本中に沢山いると思いますが、何に希望を見いだすのかを一生懸命に見つけて頑張ればきっと幸福がいつの日にか舞い込んでくるのです。

はい間違いないのです。

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示