2010年日本の運勢

えっと占い師に資格は必要ないと聞きますし、だれがどんな占いをしようと予言をしようと反社会的な言動や行動でなければ、まぁ当たるも八卦当たらぬも八卦が占いですから2009年もあと少しで終了って事で私なりに2010年の日本の運勢を占って?考えてみたいと思います。

まず2010年の日本の経済状況ですが今の日本の状況が幸せだったと思うくらいに、企業の倒産や失業者が大量に発生して・・・と言いたいところですが日本人の知恵や技術や底力ってやつは世界一だと思いますので、新たな産業たとえばエコロジーや新世代エネルギーの開発など、旧態依然のビジネスモデルは衰退するでしょうけど新しい産業が生まれてくる年が2010年になるような気が致します。

何と言いますか日本は元々資源のない国で他国からの輸入でしのいできた経緯がありますが、世界的に人口の増大や石油資源の枯渇などでエネルギー不足になった状態では、元々石油資源が地面から湧いて出ていた国などよりも、限られた中でより効率的なエネルギー確保が出来る国ではないかと思うのですよね。

ですから2010年の夏くらいまでは更に景気が悪くなるような予感がするのですが年末に向けて新しい息吹が感じられるのが、日本の運勢と言いますか予想ですね。

まぁ世界情勢はどうも混沌としている状況が継続するようですけど、日本も政権交代によって政権運営初心者の民主党政権で同じく混沌とすることが避けられないのかもしれないのですが、古くからのしがらみや溜まった垢を落とそうとする行動は一定の評価もしますし、日本を良い方向に進めるにたる行動だと思いますので悲観する必要はそれほど無いと思いますね。

その他の日本の運勢を考えて見ますと大きく様変わりするのがネットの台頭によるマスコミの衰退ではないでしょうかね?

いま記者クラブがどうのこうのって話題になってますが、生の情報を加工無しでそのまま配信される状況になっていますから、意図的に情報操作することも難しくなって来ますし、広告収入のほうもメーカーが自社のホームページの充実などに力を入れ始めていますから、ダブルパンチって所でしょうかね?

そんな訳でネットの台頭によって今まで表に出なかった真実が色々と目に触れる場所に出てくるのが2010年ではないかと思いますが、日本人の知恵が有ればきっと良い方向に進んでいくのでは無いでしょうかね?

私はそう信じていますよ。

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示