開運グッズと広告表現

今回は開運関連グッズの広告について書いてみたいと思います。

あなたもこの開運グッズを持っていると
☆大金が舞い込む
☆人間関係に恵まれる
☆お金が減らない
☆幸福になる
等々、堂々と書かれていますよね?

この堂々としかも日本の大新聞、読売新聞とか朝日新聞なんかの日曜版などにも、幸福を呼込む黄色い財布なんてのが、掲載されているのが非常の不思議でしかたがないのですよ♪

開運グッズを否定する気もサラサラないですし、人間は感情の動物であり、感情が様々な面で、人間に作用してきますので、幸福を信じて、幸福を呼込む開運グッズを身につけていることは、悪いことでも何でもないと思っています。

しかし、がしかしですね・・・・広告・・・しかも堂々と・・・・不思議です。

広告が100%本当で、その開運グッズを持っている人がお金持ちになったり、とにかく幸福になるのでしら、税金でも何でも使って、日本中にくばりゃ良いと思うのですが、政府にはその気が無いようですしね?

この辺りの広告表現ですが、薬剤関係は薬事法の絡みも有り、かなり厳格に運用されていますが、開運グッズ関連はどうなっているのでしょうか?

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示