服装と金運の関係

お金のあるところに何故かお金が集まってくるなんて事を申しますが、これは例えばの話ですがみすぼらしい身なりで無精ひげなんて状態ですと中々お金を持っている人は近くに来てくれませんし、逆に財布の中身はともかくいかにもお金持ち然とした服装ですと、馬子にも衣装じゃないですけど人が集まってきて中には裕福な人も混ざっているって事になるのでは無いでしょうか?

まぁ中には質素な身なりの大富豪なんて人もいらっしゃいますが、そーゆー人は日本の景気回復のためにもっとお金を使って貰うようにお願いいたすと致しまして、お金を持ってるからそれなりの服装が出来るとも言えますけど、日本の古くからの諺に姿から入って心へなんてやつが御座いまして、本質や心はともかく先ずは姿形から入りまして見よう見まねをしているうちに、やがて中身まで同化するって意味だったとお思いますが如何でしょうか?

ただ問題なのは、お金も無いのに服装にばかり支出していましたら益々貧乏になってしまいますし、家族がいらっしゃったらたぶん白い目で見られてしまって困りますし、中には貧乏な原因が洋服や時計などの装飾品に高価なものばかりを支出しているからなんて理由の方もいらっしゃいますからね?

ですから思うに勝負服とでも申しましょうか、ビジネスに出かけて行くときだけは馬子にも衣装的な発想でお金をかけるとか、安い服は一切買わないでその代わりに長く大事に使いまして結果として節約になって金運アップするなんて方法も良いのかもしれないですね?

更にもう少し別の話・・・・

とある知人に聞いた話ですがサラキンの類にやってくる人ってのは、普通に想像しましたらみすぼらしくて痩せていて猫背の人なんて想像しちゃいますけど、実際には実際にはビシッと外見を決めたいかにもエリートサラリーマンとか上流社会の奥様なんて感じの人が多いらしいです。

たぶん推測するに、見栄だとか体裁だとか社会的なステータスだとかそんなものを維持するために金運に逃げられてしまって、その手の場所にお金の工面に来ているのではないかと思いますが、そんな話を聞いてしまいますとやっぱり普段は質素に生活致しまして、ここ一番の大事な時だけそれなりの服装をして出かけるってのが一番のような気が致しますね?

余りにみすぼらしい恰好をしていると金運は避けて行きますし、逆にそっちの方に散財しすぎてしまいますと今度は現金が出て行ってしまうのでありまして、なかなか人生は難しいのです。

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示