不景気と開運の方法とか

今の日本は本当に景気が悪いですよね?海外の影響も大きいですから日本だけの責任じゃなくて不運な所もあると思いますが、ではその状況を改善して明るい未来を切り開くのは何だって言いマスと、やっぱり影響力が大きいのは鳩山由紀夫だったり小澤一郎さんだったり現政権の民主党の力によるところが大きくて、開運グッズの効能を信じている人でもまさか、水晶玉を購入したり黄色い金運財布を国費で購入しろとは思わないと思います。

では規模を小さくしまして会社が不景気で沈没寸前の状態に有ったとしたら、その状態を改善するのはやっぱり社長以下の従業員全員の力と市場動向によるものが大きいと思いますよね。

では規模を最小単位の個人にまで致しまして、どうも良いことがないし運に見放された状態だった時に具体的な行動よりも、開運グッズや運気上昇の方法を探しますか?ってのが今回のコラムのテーマになります。

ただ勘違いしないで頂きたいのは目に見えない力ですとか信心ですとか頭からすべて否定する気も有りませんし、鰯の頭も信心からって言葉が昔から日本には有りまして、何かを信じることで自分自身の自信ややる気を引き出して、想像以上の成果をあげる事は普通に有ることですし、日々激しい練習に明け暮れる一流のアスリートの中にも、ポケットにお守りですとか開運グッズの類を忍ばせて試合に臨む方も結構いらっしゃるようですからね?

ですからね、どうしても自分の人生が思うようにならなくて、努力も報われなくて誰も助けてくれなくて運が無いと感じているのでしたら、開運の方法を探すも良し風水を取り入れるも良し、何かよさげな開運グッズを購入して部屋に置いておくのも良いのですが、そこまでやったらきっと運が向いてくると信じて自分で出来ることから始めてみる事が一番の開運の方法だと思っています。

あのね努力の成果でも仮に開運の力が有るグッズのお陰でも何でも良いのですが、その努力や不思議な力が効果を発揮して目の前に現れてくるのは、明日かもしれないし来週かもしれないし、一ヶ月後かもしれないので有りまして折角もうそこの角まで幸運の女神が歩いてきているのに、姿が見えないので諦めてしまって又は新たな開運方法を試してみる何て事をしましたらもう一回一からやり直しじゃないですか?

信じるものは救われるなんて言葉が有りますが、あれはやっぱり何らかの裏付けが有って出てきた言葉なので有りまして、ほんの少しだけ到着が遅れているだけなのかもしれませんよ。

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示