黄色い財布(金運上昇財布)

キ印と言えばちょっと別の意味になってしまいますけど、遥か昔に突然黄色い色をした財布を持っているとお金がたまるとか金持ちになるとか、とんでもない広告でしたら億万長者になるような煽り文句まで有ったような気が致しますが、とにかく一大ブームとまではいかないですけど黄色い色の金運上昇財布みたいなもんが流行った時期があるのです。

時を同じくして風水なるものが中国から日本へ本格上陸致しましてドクターコパだか風水のオーソリティを自称するタレントが活躍した時期じゃなかったかと思いますが、とにかく風水のブームとかお金を呼び込む黄色い財布のブームなんかが日本に有ったのですが、思うにたしかあのブームが来てからバブル経済の崩壊が有りまして日本中が不景気の海の中にどんどん沈んでしまいまして現在の日本が有るような気が致します。

確かあのブームでは随分沢山の人が幸福になって金持ちになる?風水関係の書籍を購入したり黄色い財布を購入したり相当な金額が風水関係で消費されたんだと思うのですけど、社会的にブームになるほどの風水関連商品が売れたのでしたら少しは日本の景気と言いますか金回りが良くなっていないとおかしいお思いますし、自分が黄色い金運財布を使ってみて効能通りにお金持ちになりましたら、まず間違いなく自分の親兄弟に子供に親戚一同に教えるなり自分で買って配るなりすると思うのですけど、どうも日本中に黄色い財布を持つ人ばかりにはなっていないようですね。

で未だに黄色い財布は販売されているのでありまして、今どき買う人もいないとは思いますがおぼれる者はわらをもつかむの例えも有りますから、風水とか金運とか開運とか招福って字だけに目が行ってしまいまして全く根拠のないお金がたまる仕組みに疑問を抱かないで、更にお金が減っていくのが落ちって事になるのでは無いでしょうか?

まぁ昔から日本人も縁起をかつぐ民族で神社にお守りを授かったりお百度を踏んだり、竈のそばにお札を張ったりしてつつましく暮らしてきていますからその手のグッズに目くじらをたてるのは野暮ってもんでしょうけど、どうも一部の悪徳業者ってのは不当な表示でお金を儲ける手法に走ったり致しますからね。

そなわけで黄色い財布でも開運グッズでも自分のお小遣いの範囲で買う程度でしたらどうぞご自由にですけれど、なけなしのお金をはたいて高価な黄色い財布なんて購入するなんてのは愚の骨頂でしか無いですからさっさと目を覚ましょうね。

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示